To Scale Bitcoin, Little Improvements Will Need to Go a Long Way

20181006 114027

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


カイゼン。
それと「改善」ための日本語の単語関連ビジネス、労働慣行に関する継続的な改善の哲学です。それとエンジニアリングカンファレンス スケーリング ビットコイン bitcoin の第 5 版のキャッチ フレーズとしては、今日 cryptocurrency の開発者エコシステムの中で何が起こってを要約する完璧な方法になった。
昨年頭に来て、cryptocurrency bitcoin を競合するフォームに打ち切る愛好家を支える大きなブロックのグループで終わるスケーリングの議論と現金および bitcoin 待望のコード アップグレード分離証人 (SegWit) – 今年ビットコインをスケーリング会議だけ持っていなかった過去の出来事がおそらく持っていた才能。
改善の哲学-排除の概念の別の部分から引っ張られたように見えたもの.




Kaizen.
The Japanese word for "improvement," and as it relates to business, it's the philosophy of continuous improvement on working practices. And with that as the tagline for the fifth edition of bitcoin engineering conference Scaling Bitcoin, it became a perfect way to summarize what's happening today among the cryptocurrency's developer ecosystem.
With the scaling debate coming to a head last year – and ending with a group of big block supporting enthusiasts breaking off to form competing cryptocurrency bitcoin cash and bitcoin getting the long-awaited code upgrade Segregated Witness (SegWit) – this year's Scaling Bitcoin conference just didn't have the flair that perhaps past events had.
What seemed pulled from another piece of the kaizen philosophy – the notion of eliminating was...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け