Privacy Crypto Zcash Goes Live With 'Sapling' Network Hard Fork

Zcash sapling upgrade

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


プライバシーに焦点を当てた cryptocurrency zcash 正式に苗木として知られているそのネットワーク ハード フォークを実施しています。
419,200 のブロックでスケジュール上でアクティブ化、苗木長いネットワークの高速化を目指した、軽く、そしてより安全なアップグレードとして計画されています。
日曜日、Zerocoin 電気コイン会社エリーゼ Hadmon 書いたこと「苗木の活性化通貨の 2 歳の誕生日、の重大な機会で発生した私たちをもたらしますオープン、permissionless と秘密の支払の 1 つのステップ普及に近い採用システム」です。
会社予想トランザクションがかかる時間が 90%、97% 以下の結果として発生するメモリが必要があります。Hadmon は、全体的な zcash 生態系は、新しいアドレスを追加するいくつかの時間を必要があります言われていることを書いた。

Hadmon は、ユーザーがまだできないことを追加.




The privacy-focused cryptocurrency zcash has officially implemented its network hard fork, known as Sapling.
Activated on schedule at block 419,200, Sapling has long been planned as an upgrade aimed at making the network faster, lighter and more secure.
On Sunday, the Zerocoin Electric Coin Company's Elise Hadmon wrote that "Sapling activation, occurring on the momentous occasion of the currency's second birthday, brings us one step closer to widespread adoption of an open, permissionless and private payment system."
The company anticipates that transactions will take 90 percent less time and require 97 percent less memory to occur as a result. That being said, the overall zcash ecosystem will still need some time to add new addresses, Hadmon wrote.

Hadmon added that users cannot yet...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け