New York Finance Watchdog 'Fiercely Opposes' Sandboxes for Fintech Firms

New york

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


ニューヨークの金融規制機関の責任者は火曜日、代理店は「激しく反対」規制の"サンド ボックス"の米財務省の最近の支持フィンテック企業ステートメントでの掲載のため、財務部サービス (DFS) ウェブサイト監マリア t. 2. は言った:「技術革新、消費者を保護する市場を保護し、金融サービス業界リスク軽減も法律を回避するために企業だけで頭角を現すだろうという考えは非常識です。」
厳密な言葉のコメント来る財務省リリース火曜日フィンテック企業データ アグリゲーターなど、記述の方法非銀行エンティティを規制すべき、レポート"を促進する規制のサンド ボックスの作成を推薦した後革新.




The chief of New York's financial regulatory body said Tuesday that the agency is "fiercely opposed" to the U.S. Treasury Department's recent endorsement of regulatory "sandboxes" for fintech firms
In a statement published on the the Department of Financial Services (DFS) website, Superintendent Maria T. Vullo said:
"The idea that innovation will flourish only by allowing companies to evade laws that protect consumers, and which also safeguard markets and mitigate risk for the financial services industry, is preposterous."
The strongly worded comments come after the Treasury Department released a report Tuesday describing how non-banking entities, including fintech firms and data aggregators, should be regulated, recommending the creation of regulatory sandboxes "to promote innovation....


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け