EOS' Blockchain Arbitrator Orders Freeze of 27 Accounts

Shutterstock 61844881 e1529701560376

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


EOS、わずか一週間、生きている blockchain ネットワークは、再びのガバナンスへの斬新なアプローチに眉を育てることです。
「緊急対策の保護命令」6 月 22 日付、EOS コア仲裁フォーラム (ECAF)-体コミュニティで紛争を解決するように設定-監督 27 別財布からトランザクションを処理できませんする EOS 元帳を維持するブロックの生産者アドレス。
関連するテキストの読み取り:"それは EOS ブロック生産者が無期限に次のアカウントおよびキーのトランザクションを処理することを拒否注文いたします。(さらに公式通知して、ECAF から命令。)」まで

おそらくほとんどの論争、ECAF ない順序の理由を説明しなかった。「論理と推論のこの順序は後日掲載されます。」...




EOS, the blockchain network that has been live for just over a week, is raising eyebrows for its unconventional approach to governance – again.
In an "Emergency Measure of Protection Order" dated June 22, the EOS Core Arbitration Forum (ECAF) – a body set up to resolve disputes in the community – directed the block producers that maintain the EOS ledger to not process transactions from 27 different wallet addresses.
The relevant text reads:
"It is hereby ordered that the EOS Block Producers refuse to process transactions for the following accounts and keys indefinitely. (Until further official notice and instruction from the ECAF.)"

Perhaps most controversially, the ECAF did not explain the reason for the order. "The logic and reasoning for this Order will be posted at a later date."...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け