ウクライナ、5%の課税検討へ

A2 2


ウクライナで暗号通貨と法定通貨の取引・マイニングの収入に対して5%の課税を行う法案が検討された。だたこの法案では暗号通貨間の交換による利益に対しての課税は対象外とし、あくまで法定通貨が絡む際の取引にのみ課税を考えているようだ。
 
ウクライナでは暗号通貨に対する法規制が整っていない。しかし、法規制のための議論は多く行われており、暗号通貨に対しては友好的な姿勢である。暗号通貨を金融商品として扱い、関連事業に関しても公式事業としての地位を与えるという見当もなされている。過度な規制は発展を阻害するという共通の認識から、暗号通貨に関しては透明性を求めながらも自由な規制を設けることが検討されている。
またICO規制に関しては意見が割れているようだが、マイニングに関しては特別な規制を設けることはしないという方針であるとしていた。
今回検討された、法定通貨と暗号通貨取での取引・マイニング収入への課税は、これらを規制する計画はないということがわかる。また日本のような「技術は世界一」「暗号...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け