邦銀仮想通貨連合から地銀11行離脱

Publicdomainq 0021480vyu


SBIが主導となって3メガバンクや地元銀行などの61行が加盟していた内外為替一元化コンソーシアムから千葉銀行、オリックス銀行、岐阜県の十六銀行、筑波銀行、武蔵野銀行などの計11行が離脱していることが明らかとなった。
同コンソーシアムは、暗号通貨XRPの技術を活用し安価で高速、安全な送金プラットフォームの開発を目指しており、今年の3月7日には個人間での送金用スマホアプリを開発し、今夏以降の実用化に向け住信SBIネット銀行やスルガ銀行、りそな銀行の3行が4月以降に試運用を開始するなどの動きを見せていた。ブロックチェーン技術は世界で認められており、特にXRPの送金システムは各国の銀行でも取り入れられているほどのものだ。この開発で個人間の送金はより活発化し、消費者にとっても期待できるものだったはずだ。
しかし、11行は離脱を決意した。理由は「会費だけ取られて実りがない」「価格変動の大きい暗号通貨を送金に使われたくない」ためだという。後者については、そう思っているのならなぜ加盟した...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け