Decred Is Turning Its Entire $21 Million Crypto Treasury Over to Investors

Parthenon

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


2017 年に分散プロトコルのための募金が見出しを支配するとき場合、2018 の新たな物語は、力を与える投資家についてです。
起きたから証拠の出資比率 Tezos の打ち上げをする ethereum の転移、ガバナンスのされている暗号で永続的な会話の今年。しかし、すべての約束のため待望 blockchain 統治、Decred のポリティア ソフトウェア方法の 1 つ行った 1300 UTC で今日のライブ。
CoinDesk は以前報告した、ポリティア ビルドでそのプロトコルの操作に積極的に参加しているすべてのガバナンス決定を裏返ししようとして証明 0f 作業および証拠のステークのコンセンサスを組み合わせることの Decred の既存のアプローチに、任意の特定の意思決定の時間です。
Decred トークン (DCR) 現在でのコインの株式を所有している人は fo を交換.




If 2017 was a year when fundraising for decentralized protocols dominated headlines, 2018's emerging narrative is about empowering investors.
From fits and starts on ethereum's transition to proof-of-stake to Tezos' launch, governance has been one of the persistent conversations in crypto this year. But for all the promise, one long awaited approach to blockchain governance, Decred's Politeia software, went live today at 1300 UTC.
As CoinDesk previously reported, Politeia builds on Decred's existing approach of combining proof-0f-work and proof-of-stake consensus by attempting to turn over all governance decisions to those actively participating in the operation of its protocol at the time of any given decision.
Those who own Decred tokens (DCR) currently stake the coins in exchange fo...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け