Rural Banks Tap Kaleido Blockchain for Faster Transactions

Philippines map

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


フィリピン農村銀行は、地域住民のための金融包含を改善するために入札で blockchain 技術を採用する探しています。
水曜日にフィリピンの情報機関のレポートによるとイニシアチブ - 吹き替えプロジェクト i2i - は国の最も大きい銀行の 1 つフィリピンの連合銀行によって導かれる、によって開発されたカレイド blockchain プラットフォームを使用する、ethereum スタートアップ ConsenSys。
プロジェクトは最初に 5 月 15 日、ニューヨークで CoinDesk の総意 2018年会見フスト ・ オルティス、UnionBank の議長によって明らかにされ、blockchain 搭載小売決済プラットフォームを通じて国の主要な金融ネットワークと農村銀行を統合するように努める.
現在、プロジェクトは正式に展開されて Cantilan、1 つの o を含む 7 つの地方銀行と.




Rural banks in the Philippines are looking to adopt blockchain technology in bid to improve financial inclusion for local residents.
According to a report by the Philippine Information Agency on Wednesday, the initiative - dubbed Project i2i - is led by the Union Bank of the Philippines, one of the country's largest banking institutions, and will use the Kaleido blockchain platform developed by the ethereum startup ConsenSys.
The project was first revealed by Justo Ortiz, chairman of UnionBank, on May 15 at CoinDesk's Consensus 2018 conference in New York, and seeks to integrate rural banks with the country's major financial networks through a blockchain-powered retail payment platform.
Currently the project is being formally rolled out with seven rural banks, including Cantilan, one o...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け