Prime Trust Enters Crypto Custody Race, Will Hold 'Any' Ethereum Token

Key

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


プライム信頼、いくつかドル支え cryptocurrencies の舞台裏の役割を果たしている小さな米国の金融機関は激しく競争の暗号保管事業に参入します。
排他的に CoinDesk を明らかにした、ネバダ州信託会社は、静かに、7 月中旬に bitcoin の低温貯蔵を提供し始め、エーテルし ERC 20 標準の下で ethereum blockchain に発行されたトークンの親権も処理できる次の週を発表します。
などのサービス、にもかかわらず、弱気市場見つける暗号の返します魅惑的な機関投資家の間で需要が、デジタル財布に秘密キーを保護するための邪魔をしたくない/または法律によって修飾されたカストディアンを使用する必要が。低温貯蔵の長いパスワードのようなものし、することができますこれらの暗号化キーを使用して.




Prime Trust, a small U.S. financial institution that's played a behind-the-scenes role in several dollar-backed cryptocurrencies, is entering the hotly competitive crypto custody business.
Revealed exclusively to CoinDesk, the Nevada trust company quietly began offering cold storage for bitcoin in mid-July, and will announce next week that it can also handle custody for ether and any token issued on the ethereum blockchain under the ERC-20 standard. 
Such services are in demand among institutional investors, who despite the bear market find crypto's returns alluring, but don't want the bother of protecting the private keys to a digital wallet and/or are required by law to use a qualified custodian. In cold storage, these cryptographic keys, which are like a long password and can be use...


Attribution sans language
つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け