Sony Patent Filings Hint at Work on Crypto Mining Hardware

Sony

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


大手ソニーが 2 つのハードウェアの特許たい日本の技術アプローチ ホスティングと blockchains、新しく発行されたドキュメントの表示を維持します。
ソニーの 2 つの書類が権利「電子ノード メソッドの維持、分散総勘定元帳」と「デバイスとシステム」blockchain 関連ハードウェア概念に取り組んで初めて明らか。彼らはまた、潜在的にこれらのデバイスは、将来の製品に会社のための段階を設定しました。
過去には、CoinDesk で報告されているようハイテク企業は特許出願技術の使用事例、教育データ管理およびセキュリティを含む主中心します。
最初のアプリケーションには、2 つの要素が含まれています: ハードウェア ノードおよびそれを繰り返し記述する blockchain を維持するための方法.




Japanese technology giant Sony wants to patent two hardware approaches for hosting and maintaining blockchains, newly published documents show.
Sony's two filings are entitled "Electronic Node and Method for Maintaining a Distributed Ledger" and "Device and System," revealing for the first time that the company is working on blockchain-related hardware concepts. They also set the stage for the company to potentially include these devices in a future product.
In the past, as previously reported by CoinDesk, the tech company has filed patent applications centered largely around the technology's use cases, including education data management and security.
The first application includes two elements: a hardware node and a method for maintaining the blockchain, which it repeatedly describes...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け