オリックスと東大、システム共同研究[ブロックチェーン/電力]

D


記事のポイント

オリックスと東大、システム共同研究
電力の地産地消促し、送電に伴う電力ロスの削減へ
ブロックチェーン技術を活用した取引証明

オリックス株式会社と国立大学法人東京大学大学院工学系研究科は、ブロックチェーン技術を活用した電力供給・消費の履歴を証明するトラッキングシステムについて共同で研究を開始することを発表した。東京電力や中部電力などのような電力取引プラットフォーム開発の動きとは異なるが、エネルギー業界でのブロックチェーン技術に関する動きは活発になっている。
 
オリックスと東大、システム共同研究
9月2日、オリックス株式会社と国立大学法人東京大学大学院工学系研究科は、ブロックチェーン技術を活用した電力供給・消費の履歴を証明するトラッキングシステムについて共同で研究を開始することを発表した。一度記録したものの改ざんが困難なブロックチェーン技術を活用し、発電を行った場所や発電業者、発電時間、供給者など電力取引に関する情報を記録。電気を購入した企業にデジタル承...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け