Spain's Securities Market Watchdog Completes Blockchain Test

Spain

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


スペインの証券市場監視とバンコサンタンデールを含む金融機関のグループ在庫令状発行の登録のための技術のテストを目的とした blockchain のパイロットを完了しています。
年間にわたる高速トラック リスト (FTL) プロジェクトは、バンコサンタンデール、BBVA、BNP パリバ、CaixaBank、コメルツ銀行、ソシエテ ・ ジェネラルなど銀行と同様、スペイン語国家証券市場委員会 (CNMV) からの参加を見た。
アイデアは、共有データベースをより効果的に契約期限切れ-すべての関係者にそのデータをフィルター処理する前に、特定の価格で株式を購入する権利を軸受-新株予約権の発行に関する情報を登録する使用ことができることです。バンコ サンタンデールによるとパイロットは令状の発行を登録する時間が 7 以上でカットされたことを示した.




Spain's securities markets watchdog and a group of financial institutions including Banco Santander have completed a blockchain pilot aimed at testing the tech for registering stock warrant issuances.
The year-long Fast Track Listing (FTL) project saw participation from the Spanish National Securities Market Commission (CNMV) as well as banks such as Banco Santander, BBVA, BNP Paribas, CaixaBank, Commerzbank and Société Générale.
The idea is that shared databases can be used to more effectively register information about the issuance of warrants – contracts bearing the right to purchase new shares at a certain price before they expire – and filter that data to all parties. According to Banco Santander, the pilot showed that the time to register a warrant issuance was cut by more than 7...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け