ドル円/ユーロドルから見る相関 “仏のR特別講義”

4fb39300e1e7c9eb38662813bb2b86cb t


記事のポイント

相関関係は複雑
分かりやすいものを選択する権利


今回は、通貨の相関について書いていきます。
ロジック公開記事の前編でも通貨の相関については触れています。
通貨間相関について

常にドル円を中心に考えること
ドル円とユーロドルが逆相関になっているか確認
クロス円の連動を確認
ドルストの連動を確認
相関が確認できないときは重要指標の有無を確認
通貨の相関が明確な方が各パターンが出やすく機能しやすい
エントリー時は各チャート形状優先でOK

しかし実際にトレードに相関を意識すると訳が分からなくなることがあると思います。それはすべてが綺麗に相関関係通りに動くわけではないからです。
ドル円とユーロドルが逆相関で動いているとなると、ユーロ円はどちらにも関係性があるので動かなかったりどちらかに追従したりします。この辺りが最大の迷うポイントになると思います。
しかしながら、パターントレード公開記事で書いたようにパターンを意識することで相関関係も「いつ、どの通貨間で」...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け