BBVA Can't Hold Cryptocurrency – And That's a Problem

Bbva bank spain e1532966672590

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


ライブ取引のパブリックおよびプライベートの blockchains を結合する最初の金融機関になったら、スペイン多国籍銀行 BBVA は、困惑のようなものを襲っています。
具体的には、ないはずだその先進的な仕事を取る方法楽しみにしています。
企業融資の blockchain ベースのシリーズの 3 番目であると期待何を実行中の銀行保持かどうかそれことができる (または必要があります) にトランザクションを電源に必要な cryptocurrency の法律や規制の明確性の欠如を回避しなければならなかったethereum。
一言で言えば、BBVA の革新は識別し、それぞれ貸付契約を auditabili するために (この場合 ethereum) のパブリック blockchain を公共の公証人サービス、(貸付け金を交渉するために使用) 専用の Hyperledger 技術を組み合わせることのようなことになって.




After becoming the first financial institution to combine public and private blockchains in a live transaction, Spanish multinational bank BBVA has hit something of a quandary.
Specifically, it's unsure how to take its forward-thinking work … forward.
In the process of executing what was expected to be the third in a series of blockchain-based corporate loans, the bank had to work around a lack of legal and regulatory clarity over whether it could (or should) hold the cryptocurrency needed to power a transaction on ethereum.
In short, BBVA's innovation is meant to act like a public notary service, combining private Hyperledger technology (used to negotiate the loan) with a public blockchain (in this case ethereum) in an effort to identify and store each loan agreement with auditabili...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け