金融庁、匿名通貨の取り扱い廃止を推奨

Gahag 0007183976 1


匿名性の高さからプライバシー保護として重宝される一方で、資金洗浄や脱税、テロ資金援助としても利用されている匿名通貨Monero・Zcash・Dashなどの取り扱いを中止するよう金融庁が呼び掛けている。
金融庁は送金者や受取人などの特定・追跡が困難な匿名通貨は資金洗浄として最適であるため、こういった通貨の取り扱いを阻止するためにあらゆる手段をとっているようだ。確かにこうした通貨はブラックマーケットやダークWebなどいわゆる闇市での決済手段として用いられることも多くある。現在日本ではこれらの匿名通貨は合法的に取引可能となっているが、今後の金融庁の判断によっては禁止される可能性も十分ある。
また、先日マネックスに買収されたコインチェックは上記3つの匿名通貨を取り扱っていたが、今後認可を目指し事業再開するにあたって、これらの扱いをどうするかの言及は行われていない。しかし、いまだ取り扱いの廃止も行っていないことから継続する可能性もあるのではないかとみられているが、金融庁が匿名通貨を...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け