Crypto Mining Attacks Soar in First Half of 2018

Red flags

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


悪意のある cryptomining 攻撃 % 増加した 956 2017年の前半から 2018 年の前半に IT セキュリティ企業トレンド マイクロ報じた。
その最新の中元セキュリティ総括でトレンド マイクロの研究者が指摘してをそこ以上 787,000 検出された悪意のある cryptocurrency マイニング ソフトウェアの 2018 年の最初の 6 ヶ月を 74,500 検出から 2017 年に類似した間。検出された cryptojacking プログラムには、誤用と専用のマルウェアをされている両方の正当なマイニング ツールが含まれます。
レポートにはまた、発見した研究者「47 新しい cryptocurrency マイニング マルウェアの家族、」新しいグループを意味が同じマルウェアを再利用するいくつかの悪い俳優ではなく、今年は、これらのプログラムの開発に着手します。
攻撃者は、ますます cryptojacking を探していたが.




Malicious cryptomining attacks jumped 956 percent from the first half of 2017 to the first half of 2018, IT security firm Trend Micro reported Wednesday.
In its latest Midyear Security Roundup, Trend Micro researchers noted that there were more than 787,000 detections of malicious cryptocurrency mining software in the first six months of 2018, up from 74,500 detections across a similar period in 2017. The cryptojacking programs detected include both legitimate mining tools being misused and dedicated malware.
The report said that researchers also discovered "47 new cryptocurrency mining malware families," meaning new groups began developing these programs this year, rather than just a few bad actors reusing the same malware.
Attackers have been increasingly looking into cryptojacking, ...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け