投資教育でサービス強化、KDDI

O 4


KDDIはスマホ向けの投資教育アプリを開発しているスタートアップ企業と資本業務提携を行い、金融サービスの利用者増加を目指す。KDDIは利用者増加とともに本業の通信事業を中心に関連サービスの質向上を行い、客単価を上げる方針だ。
日本では投資教育に力が入れられていないため、投資教育では世界から非常に遅れている。資本がものをいう、資本主義社会であるのにもかかわらず、その資本を稼ぐ手段の一つである教育が行われていないのだ。そのため国内で株式に関心のある人は多くないだろう。また関心があったとしても「汗水流さず、楽に稼げる」といった認識の人が多い。こうした偏った知識で投資を行えば、非常にわかりやすい詐欺にも簡単に騙されてしまう。暗号通貨への投資が注目しているいまが、投資教育を徹底させる時期ではないだろうか。
今回KDDIが資本業務提携するフィナテキストは、株都市引きの経験がない人でも気軽に手が出せるように、SNS機能と組み合わせ、金融に関する知識をわかりやすく解説する「あすかぶ!」の...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け