Inside the Sprawling (Ongoing) Vote That Will Decide When EOS Launches

Gold egg e1528482608586

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


開始した後ほぼ 1 週間グローバルガバナンス暗号の最大の最も奇妙な実験の 1 つはそれに近づいたその集大成を躊躇しました。
EOS、Block.One は、約 $ 40 億過去 1 年間でそれを構築するを発生によって作成された新しい blockchain 効果的になっていたコード先週の土曜日、現在そのユーザーに金曜日に、その努力の成果、明確なプロセスの欠如は保持している示唆します。進行状況をバックアップします。
ソフトウェア起動のバージョンを終了していることができる少なくとも 2 つの投票は実際に (意思決定の非公式なストリームの CoinDesk のビューに基づく) の場所を取った。組み立ての候補者だった EOS「ブロック プロデューサー」になったり、エンティティの取引を処理することができるネットワーク報酬を請求します争います。
最初の投票とみなされたが、無効なハ.




Almost one week after initiating, one of the largest, strangest experiments in global crypto governance hesitated as it neared its culmination.
While EOS, a new blockchain created by Block.One, which raised approximately $4 billion to build it over the past year, had effectively turned the code over to its users as of last Saturday, into Friday, the fruits of that effort suggest a lack of clear process is holding back progress.
At least two votes that could have ended with a version of the software launching actually took place (based on CoinDesk's view of an unofficial stream of the decision-making). Assembled were candidates vying to become EOS "block producers," or the entities able to process transactions and claim the network's rewards.
The first vote was deemed invalid, but it ha...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け