Sidechains Are Bringing ICOs to Bitcoin And That Might Change Crypto Funding

Screen shot 2018 10 07 at 10.27.53 am

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


今年の年末、初期コインを提供し、または ICO、bitcoin で発売されます。
Bitcoin で – その権利を聞いた。
能力を bitcoin がある今 ethereum、時価総額で二番目に大きい blockchain および他のスマート契約プロトコルは、RSK が作成した側鎖を持つ新しい暗号トークンを作成するのに興味がある起業家の大半のための選択をされているが、新しい資金調達メカニズムをホストします。
実際には、ICO のオリジナルの概念最初自体 bitcoin blockchain 上に戻って開始された 2013 – ethereum 今日の-アイデアは、合計を育てた J.R. ウィレットの自称発明家によって比較的限られた blockchain インフラストラクチャでも半分の 100 万ドル トークン"mastercoin、"後オムニに改名します。

いつかのラ.




By the end of the year, an initial coin offering, or ICO, will be launched on bitcoin.
You heard that right – on bitcoin.
While ethereum, the second largest blockchain by market cap, and other smart contract protocols, have been the choice for the majority of entrepreneurs interested in creating new crypto tokens, with a sidechain created by RSK, bitcoin will now have the ability to host the new fundraising mechanism as well.
In fact, the original concept of an ICO was first started on the bitcoin blockchain itself back in 2013 – though with comparatively limited blockchain infrastructure to that of ethereum today – by self-proclaimed inventor of the idea,  J.R. Willett, who raised a total of half a million dollars for the token "mastercoin," later renamed to omni.

And sometime in la...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け