初心者でも絶対に理解できる!NEM Symbolのオプトイン→スナップショット→ローンチまでを図解!

2020 insert image 000134 670x200

これで理解できなければ私はもうギブアップです。NEM Symbolのオプトインからスナップショット、ローンチまでに起こること、その理解を深めるため図解チャレンジしてみました。ガチ初心者の方々は、念のためこの基礎知識だけ確認しておきましょう。XEMの総発行量は8,999,999,999XEM、それらはすべて発行済みで、それ以上増えることはありません。1万XEM以上を保有するアドレスは2020年8月28日現在14,405アドレスあります(参照)。1万XEM以下のものを合せるとさらに増えるでしょう。アドレスの数が何万そして何十万にも増えようが、各アドレスのXEM保有量の分布は変わっても8,999,999,999XEMの量は増えません。まず最初に、これから説明するにあたって、話をわかりやすくするために次のように設定変更します。XEMの総発行数は100XEMで、これは二度と増えません。そしてアドレスは5人が5つ所有しているだけだとします。その5人はクセの強いこの人たちです。ある時点ではそれぞれ図のようにXEMを保有しています。合計で100XEMですね。この合計は変わることがありません。この人たちは全員オプトインをしてSymbolのXYMを貰う意思があるようです。しかし、エミリオだけはスナップショットの前にはオプトインをしないことにしました。スナップショットの前にオプトインをするというのは、「Symbolローンチと同時にXYMを貰いますよ」という申し込みのようなものです。それをしてなくても、Symbolがローンチした後にオプトインをすることでXYMを貰うことができます。期限はローンチから6年後くらいまでです。オプトインした後はスナップショットを待つことになるのですが、「スナップショットは2020年12月3日~16日の間のあるブロック高で行われる」という予定になってます。ブロック高...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け