ICOに代わるエアドロップ(AirDrop)の利点とは?Waves(ウェーブス)の成功例などから探る

Advantages of airdrop to replace ico eyecatch




時価総額約2億5000万ドル(執筆時点で47位)のカスタムブロックチェーントークンであるWaves(ウェーブス)は、エアドロップ(AirDrop)する最も効率的で低コストのプラットフォームに変身したといわれています。変身できた理由は、その最新鋭のインフラストラクチャーと独自のスケーリング(拡張)ソリューションおかげでしょう。
ICO(initial coin offering)は、特に2017年以来、仮想通貨空間を支配する勢いでしたが、規制強化によって、ICOの全盛期は去りつつあるとの見方が出ています。これに取って代わって、エアドロップが業界で再評価され、注目されています。
目次1 「空からコインが降ってくる」エアドロップが再評価2 エアドロップされるWavesトークンのトランザクション能力に注目3 ICOが規制されてもエアドロップは合法で生き残る可能性
「空からコインが降ってくる」エアドロップが再評価
エアドロップ(AirDrop)とは、文字通り「空から投げ...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け