Regulators Are Slowly Starting to Get It: Utility Tokens Are Real

Shutterstock 188627486 e1531278237278

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


マイケル ・ j ・ ケーシーは、MIT のデジタル通貨構想で blockchain 研究のための上級顧問と CoinDesk の諮問委員会の会長です。
次の記事は、もともと CoinDesk 毎週に登場したカスタム キュレーションのニュースレターは、排他的に当社の加入者毎週日曜日を配信しました。

「分けることができる過去 2 年間に行くされているこのの偽の物語を破棄したい暗号から blockchain。ことはできません。"
いいえ、それは bitcoin maximalist、ホドラーまたは暗号アナーキストの話ではないです。それは、レギュレータです。

この通知を発行するとき、暗号変換に教えを説いたなかった Sopnendu mohanty 氏、シンガポールの金融権限のチーフ フィンテック役員ネイティブ トークンは、分散型 blockchain に不可欠。
むしろ、彼は部屋の f を演説した.




Michael J. Casey is the chairman of CoinDesk's advisory board and a senior advisor for blockchain research at MIT's Digital Currency Initiative.
The following article originally appeared in CoinDesk Weekly, a custom-curated newsletter delivered every Sunday exclusively to our subscribers.

"I want to quash this false narrative that's been going around for the past two years that you can separate blockchain from crypto. You can't."
No, that's not a bitcoin maximalist, a HODLer or a crypto-anarchist talking. It's a regulator.

And Sopnendu Mohanty, the chief fintech officer of the Monetary Authority of Singapore, wasn't preaching to the crypto-converted, either, when he issued this reminder that native tokens are integral to a decentralized blockchain.
Rather, he was addressing a room f...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け