Telegram、SECの情報開示要求を拒否[ICOに関する資金]

E 1


記事のポイント

Telegram、SEC要求を拒否
独自チェーン[TON]に関する情報開示


Telegram、SEC要求を拒否
1月2日、アメリカ証券取引委員会(SEC)はメッセージアプリTelegram(テレグラム)に対してICOで調達した資金の利用用途を開示するよう裁判所に申し立てを行った。これはTelegram独自ブロックチェーン「TON」のトークンが未登録証券にあたるという発表に関連したもの。調達した資金が関連アプリ開発にどれほど利用されたのか、どのように利用されたのか等はこの訴訟に大きく関与するとしてSECは情報開示を求めている。
ただTHE BLOCKの報道によるとTelegramはこの要求を拒絶しているようだ。

SEC Securities and Exchange Commissionの略称であり、アメリカ合衆国で株式などの証券取引を監督・監視する政府機関である。日本の証券取引等検視委員会・公認会計士・監査審査会の機能を有する組織となっている。証券...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け