Commerzbank Conducts €500k FX Transaction Using R3's Corda

Commerzbank

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


ドイツのコメルツ銀行と多国籍コングロマリット クルップ正常に実施した blockchain プラットフォーム上の外国為替取引ロイター通信が木曜日に伝えた。
ティッセン クルップは、50万ユーロとユーロ/PLN FX フォワード契約または契約、将来的にユーロといくつかの点でポーランド ズウォティ為替レートでロックを R3 のコルダ プラットフォームを使用して転送されます。使用 blockchain は、単一不変のレコードとして全体のトランザクションを格納するため株式会社もコメルツ銀行必要がありますトランザクションの調整を心配する報道機関の報告します。
契約の確認は、ティッセン クルップにすぐに送信されました、ロイター通信が報じた。今後お得な情報を blockchain で実施、同様に、すぐに確認される可能性が高い両方の遅延を減らすべきだ、.




Germany's Commerzbank and multinational conglomerate Thyssenkrupp successfully conducted a foreign exchange transaction on a blockchain platform, Reuters reported Thursday.
Thyssenkrupp transferred 500,000 euros using R3's Corda platform through a EUR/PLN FX Forward deal, or a contract locking in an exchange rate between the euro and the Polish zloty at some point in the future. Because the blockchain used will store the entire transaction as a single immutable record, neither the corporation nor Commerzbank need to worry about transaction reconciliation, the news organization reported.
Confirmation of the deal was sent immediately to Thyssenkrupp, Reuters reported. Future deals conducted on a blockchain are likely to be confirmed quickly as well, which should cut down on both delays a...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け