E-ウクライナ:自治に向けたNEM基盤の分散型デジタルプラットフォーム

2018 insert image 000403 670x200


Electronic Ukraine (E-Ukraine)とは、現行の中央集権型で腐敗したウクライナから脱却し、分散型で直接的なデジタル民主主義の透明な世界、つまりスマートなデジタルウクライナへと移行するプロジェクトです。ウクライナは世界でももっとも多くの贈収賄が行われている国の一つです。現在のウクライナ政府は、国内が腐敗しきっているため、国家レベルでデジタル技術を開発するという意向はもっていません。シビル・ソサイエティの活動家たちは、ウクライナが大きく後れを取っていること、そして他の文明社会からどれだけかけ離れているかを認識しており、すでに先を見越した活動を行い、NEMのブロックチェーンプラットフォームを活用して、分散型デジタル自治プラットフォーム(DEPS)の開発に着手しています。このプロジェクトを主導するのは、ウクライナ大統領の有力候補であるアルトゥール・ゴンチャロフ氏(※)です。E-ウクライナは既製の複数のソリューションを一つのデジタルシステムに統合し、直接民主主義の様々なツールにアクセスできるようにするために、現在欠けているモジュールを開発するという計画を持っています。それによって腐敗はなくなり、ウクライナのGDPが成長するだけでなく、大部分の市民の全体的な生活の質が向上することにもなります。NEMブロックチェーンを基盤とすることで、同プロジェクトの考案者たちは強固なシステムを開発することへの本気度を示しました。そうしたシステムは、重要なデータすべてを記録し、それをブロックチェーン上で処理するだけでなく、多くの市民向けサービスを自動化してくれます。こうしたすべてによって、国が急速に発展するために必要な条件が満たされ、E-ウクライナはその未来に向けた道を切り開くことになります。テクノロジーによって、すでに上記の項目の実行と開発が可能となっており、E-ウクラ...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け