Ripple社の技術を採用した銀行送金アプリ先行公開[日本の送金大きく変わる]

A4 1


記事のポイント

マネータップ先行公開、一般リリースは今秋予定
Ripple社のxCurrentを採用
三菱UFJ銀行、決済情報の暗号プラットフォームの提供

以前からリリースが待たれていたSBI送金アプリ、マネータップ(MoneyTap)の公式発表が行われた。このアプリに関しては2018年3月に商品化の発表がされており、SBIHDだけでなく日本の銀行61行が参加することから、従来の送金という概念を大きく変え利便性向上が期待されることから多くの注目を集めていた。今回の発表では予定されていた通り住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行が先行商用化を行う。傘下銀行は以下の通りだ。
このマネータップは分散型台帳技術(DLT)を活用した次世代型の金融基盤に接続するスマートフォン向けの送金アプリとなっている。同アプリではアメリカのRipple社が提供する送金サービスxCurrent(エックスカレント)を実装したものとなっている。サービスでは銀行口座番号による送金のほかに携...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け