法定通貨と暗号通貨の競争

Gahag 0087416116 1


国際通貨基金(IMF)の高官は「中央銀行はデジタル時代に向けて法定通貨をより魅力的にする必要がある」と発言した。
これまでIMFでは暗号通貨に対して肯定的で、その技術に対しても育成し保護していく必要があるとし、今のところ暗号通貨による世界金融安定への脅威はなく、各国へ冷静な対応を求めている。このIMFの金融資本市場局の復調へー・ドン氏は中央銀行、法定通貨と暗号通貨の競争での対策方法を提案した。
新たな需要を見付けること 不当な利用を防ぐこと デジタル通貨を発行すること の3つを提案している。実際にデジタル通貨の発行は各国で検討・研究されており、非現実的なものではないかと思われる。また、規制逃れや犯罪利用ができなくなるような効果的な規制・課税を設けるように述べているが、これは各国で状況を考えながら慎重に進められている。しかし、法定通貨が暗号通貨と競争する際、重要となるのはやはり「新たな需要にこたえる」この一点ではないだろうか。反政府的な考えの元作られたとされている暗号通貨だ...



つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け