イスラム?税金?ショートスクイズ? ビットコイン急騰の理由は何だったのか

725 ly9jb2ludgvszwdyyxbolmnvbs9zdg9yywdll3vwbg9hzhmvdmlldy83ntjhzda5nzkxzge5n2nlmjk2n2jmmtfimmq2mdyxzc5qcgc=


 仮想通貨市場は、12日にビットコインがわずか30分で1000ドル近く急騰してから、上昇局面への回帰に沸いている。
 ビットコイン価格の突然の上昇は拍手喝采で受け止められたが、一体何がこの高騰を引き起こしたのかという考察が盛んに行われている。
 今回の急騰には様々な理由があり、どうやらそれが重なったことで価格高騰を演出したようだ。週明け以降、ビットコインの価格は記事執筆時で8157ドルで推移しているが、ここで先週からの急騰を改めて整理してみよう。
ショートスクイズ
 フォーブスの金融アナリスト、チャールズ・ヘイター氏は、今回の急騰は仮想通貨取引所ビットフィネックスでの「ショートスクイズ」という現象によるものだと説明している。
 ショートスクイズとは、相場の価格を好転させることで、ショート筋のポジションを損切りさせることだ。
 ビットコインは昨年12月に史上最高値2万ドルを記録してから弱気相場が続いていた。しかし、相場の空気が変わり、先週木曜からビットコイン価格が上昇し始めたことで、ショート筋はポジションを閉じるよう迫られた。
 結果として、ビットコインは1日の取引高の最高記録を更新した。ツイッターユーザーが指摘するように1時間の取引高の記録も更新した。

That was the biggest 1 hour volume candle in #bitcoin history. Over 38.5K $BTC traded ( ~270 million dollars ) 😲👇 pic.twitter.com/HfvQTmRKBA
— Armin van Bitcoin ⚡ (@ArminVanBitcoin) April 12, 2018

(これは1時間の取引量のロウソクとしては過去最大だ。38万5000BTC(約2億7000万ドル)以上の取引があった)
納税対策の売却が終わる
 米国の確定申告の締め切りが迫っていたことも、投資家に多くの影響を与えていた。ファンドストラット社のトム・リー氏は、税務署に税金を支払うために4月には大量の売りがあるだろうと予測していた。
 しかしダッシュ・コア社のライアン・テイラーCEOは17日、ビットコイン価格の急騰は、所得税を支払うために一度は売却した投資家が、再びビットコイン相場に戻ってきたことが原因ではないかとCNNに買った。
「確定申告の締め切り前への駆け込みの売りは、もう収まっている。今後、税金の還付が進めば、新たなマネーが市場に流入するだろう」
ビットコインはイスラム法でOK?
 コインテレグラフは2月、ビットコインがイスラム法のもとで認められる可能性について論じた。その議論を裏付けてくれるように、インドネシアのベンチャー企業、ブロッサム・ファイナンスは今月12日に、イスラム法のもとでビットコインが認められるとのレポートを出した。イスラム法学者であるムハンマド・アブー・バカル氏は、仮想通貨はイスラム法のもとで認めらえると説明した。
 このレポートが12日に出されたことを考えれば、多くの人々が、イスラム教徒が仮想通貨投資に参入すると考え、取引高に影響を及ぼした可能性がある。
売りのプレッシャーが減少
 2018年第1四半期は、ビットコインや仮想通貨にとっては追い風とは言えない状態だった。世界中でいくつもの要因が重なり、昨年末の高値の勢いを挫く形となった。
 1月には、韓国で誤解を招くような報道が拡散し、東アジアの市場に大きな不安を生んだ。韓国は「キムチプレミアム」により仮想通貨取引の中心地だった...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け