2017年末のビットコイン(BTC)高騰は市場操作だったのか?テキサス大学研究者が分析

Bitcoin market operation univ of texas eyecatch




ビットコイン価格の高騰とその後の大幅下落は、市場操作の結果という研究発表が市場を揺るがしている。市場操作の元凶は、米ドルとの連動(等価交換)をうたっているトークンTether(USDT)とされている。
主張するのは、米テキサス大学の研究者らで、ブロックチェーンのデータを分析した結果、ビットコイン(BTC)が市場で下落した直後、複数の取引プラットフォームからTether(USDT)との交換で、ビットコイン(BTC)の購入があったことを発見した。論文は2018年6月13日に発表された。
目次1 市場操作の裏付けは別名「恐怖指数」という韓国大手取引所Bithumb(ビッサム)が35億円相当の仮想通貨ハッキング被害VIX指数の不審な動きから2 2018年Q1に2億枚のTetherを発行して相場を操作3 操作はビットコイン価格が高騰した2017年12月から始まった?
市場操作の裏付けは別名「恐怖指数」という韓国大手取引所Bithumb(ビッサム)が35億円相当の仮想通貨...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け