Blockchain Can Help Solve Swathe of Environmental Issues, Says WEF Study

Deforestation brazil

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


世界経済フォーラム (WEF) による新しい研究は地球が直面している最も緊急の環境課題のいくつかに対処する blockchain 技術を使用ことができます以上 65 の方法で識別されます。
洞察力、巨大な PwC の監査との提携で行い、グローバル気候変動アクション サミット先週発表された検討したどのように新しい国際プラットフォーム「を孵化できる責任 blockchain 生態系」プレス リリースによると。
エネルギーとより大きい持続性を促進するためのサプライ チェーンを作成するための水のような天然資源の管理を分散するからそのようなネットワークの範囲。彼らは、「低炭素・持続可能な「経済成長を実現する必要と考えお金の広大な合計を上げるため新しい資金メカニズム提供することも、リリースに追加します。
CoinDesk h. として




New research by the World Economic Forum (WEF) has identified over 65 ways blockchain tech can be used to address some of the most urgent environmental challenges facing the planet.
The insight study, conducted in partnership with auditing giant PwC and released at the Global Climate Action Summit last week, examines how new international platforms could "incubate responsible blockchain ecosystems," according to a press release.
Such networks could range from decentralizing management of natural resources like energy and water, to creating supply chains that help promote greater sustainability. They could also provide new funding mechanisms for raising the vast sums of money expected to be required to deliver "low-carbon and sustainable" economic growth, the release adds.
As CoinDesk h...


Attribution sans language
つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け