Another Investor Lawsuit Claims XRP Is a Security

Justice

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


リップルで指定されている分散元帳起動まだ別の訴訟は裁判所の記録を示す XRP cryptocurrency に関連付けられます。
投資家 vladi-Zakinov は、名前付けのリップル ラボ、XRP II-同社のライセンス マネー サービス事業-CEO ブラッド ・ Garlinghouse 被告として 25 匿名者火曜日では、クラス アクション訴訟を起こした。訴状は、カリフォルニア州サンマテオ郡の高等裁判所に提出されました。
Zakinov の中心 XRP トークンがリップル制御セキュリティである主張と主張します。スーツの状態は、Zakinov 2018年 1 月年 XRP を購入し、「破損していたそれにより.」
彼は訴状で主張した:「XRP、'トークン' として名前にもかかわらず実際にセキュリティ カリフォルニア法律の下で。特に: それは資金を供給する XRP の販売から調達した資金を使用して (i) リップル.




Distributed ledger startup Ripple has been named in yet another lawsuit tied to the XRP cryptocurrency, court records show.
Investor Vladi Zakinov filed a class action lawsuit on Tuesday, naming Ripple Labs, XRP II – the company's licensed money services business – CEO Brad Garlinghouse and 25 anonymous persons as defendants. The complaint was submitted to the Superior Court of California in the county of San Mateo.
Zakinov's claim centers around the allegation that the XRP token is a security controlled by Ripple. The suit states that Zakinov bought XRP in January 2018 and "was damaged thereby."
He argued in the complaint:

"XRP, despite its name as a 'token,' is actually a security under California law. In particular: (i) Ripple uses the funds it raised from the sale of XRP to fund ...


Attribution sans language
つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け