テックビューロ流出事件、口座拡散[暗号通貨流出事件]

A 12


記事のポイント

テックビューロ流出事件、口座拡散
20ヵ国越えの口座に拡散
暗号通貨流出事件と摘発

日本経済新聞は2018年9月に起きた国内取引所Zaif(ザイフ)での暗号通貨流出事件で流出した暗号通貨の拡散先が20ヵ国を超え、数十万以上の口座に分散されていることが捜査関係者への取材で明らかになったと報じた。犯人の特定までたどり着けた事件は多くないうえに、時間がかかれば捜査はさらに難航するとみられており、国内での捜査体制を強化していくのとともに、国際的な協力体制を築くことが重要だとされている。
 
テックビューロ流出事件、口座拡散
9月16日、日本経済新聞は2018年9月に起きた国内取引所Zaif(ザイフ)での暗号通貨流出事件で流出した暗号通貨の拡散先が20ヵ国を超え、数十万以上の口座に分散されていることが捜査関係者への取材で明らかになったと報じた。
警察庁は暗号通貨などを悪用した事件・犯罪が増加傾向にあることから、暗号通貨取引の追跡を行うソフトウェアを導入することを...



つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け