【閲覧注意】NFT-DriveがSymbolのポテンシャル上限をブチ抜いてきた件

2018 insert image 000264 1 670x200

有志らによる開発及び実証実験が行われているNFT-Driveの衝撃がいかほどなのか知られた時の衝撃が楽しみになって参りましたよ。今流行ってるNFTの主流は作品画像などのデータはブロックチェーン外に保存されている、いわゆる「オフチェーンNFT」で、皆が取引してるのは所有権証明だけなんですね。例えば、保存先が潰れるなどしての作品データ消失や作品データのコピー等のリスクが実はあったりするようです。それをNFT-Driveではパブリックブロックチェーンに作品画像などのデータを丸ごと保存してNFTにすることができてしまう「オンチェーンNFT」を可能にしてしまったのです。なもんで、ユーザーがデジタル作品そのものを所有する状態ができてしまう。オフチェーンNFTとは価値の重みが明らかに異なってくるのは間違いないでしょう。ただ、オンチェーンにするにはそれなりに手数料が跳ね上がってしまうようなので、ここの落としどころは難しいかもしれないです。高すぎると自由度がなくなり経済的に不利なアーティストが参加できなくなり、安すぎると無駄にネットワークが使われ過ぎて負荷だけ上がってしまうので。さて、コインチェックやGMOコインなど日本の取引所を運営する暗号資産交換業ライセンスをもつ企業がNFTマーケットプレイスの運営も手掛け始めています。このSymbolの優位性ある仕組み(あと導入イージーという利点含め)を利用するのは大きな差別化につながる可能性あるので、イーサリアム大先輩と比べたら実績や存在感には劣りますが、商売として根本的な部分をちょっと本気で考えてほしいと思います。NFTってのはブロックチェーンの仕組みどうこう知識を越えて、いわゆる普通の人々がコンテンツそのものの所有や交換や売買に期待を寄せてやってくると思います。ユーザーに所有権証明を売るのと、作品そのものを売るのとで、どっちが価値向上ポテン...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け