Ethereum's Growing Gas Crisis (And What's Being Done to Stop It)

Shutterstock 1126148681 e1530849837595

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


Ethereum は「ガス危機」の中で、します。
少なくともによるとテイラー モナハン、CEO の MyCrypto、世界の二番目に大きい blockchain を使用するときに手数料を設定するためのベスト プラクティスのユーザーを思い出させるために Twitter にこの週を取った。懸念の言葉が保証されて-ネットワーク上の条件を変更するためスタートアップの財布ソフトウェアのユーザーは、トランザクションの支払い額可能性があります。
合計で、ethereum ユーザーは、月曜日に、利用可能なネットワーク データによると史上最高のトランザクションを送信する 5,862 エーテル、または $ 270 万を過ごした。原因は?単一の為替、中国ベースの FCoin は、物議を醸すのビジネス モデルと blockchain を混雑するのに表示されます。
「それは [に覚えて良い] 実際には、どのようなガス、しくみ、およびなぜそれが必要...、なぜ.




Ethereum is in the midst of a "gas crisis."
At least, that's according to Taylor Monahan, CEO of MyCrypto, who took to Twitter this week to remind users of best practices for setting transaction fees when using the world's second-largest blockchain. The words of concern are warranted – because of changing conditions on the network, there's a possibility users of the startup's wallet software are overpaying for transactions.
In total, ethereum users spent 5,862 ether, or $2.7 million, to send transactions on Monday, an all-time high according to available network data. The culprit? A single exchange, China-based FCoin, appears to be congesting the blockchain with a controversial business model.
"It's [good to remember] what gas actually is, how it works, and why it's necessary… and why ...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け