Coinbase's New Custody Service Is Now Live

Sdbox

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


Coinbase の制度的製品には、月曜日に公表した預金の受け入れを始めています。
制度のヘッジファンドと $ 1000 万の最小値を入金することができます他のクライアントを目指した Coinbase 親権を受け入れたその最初の預金先週、Twitter で発表しました。今、新しいサービスはすべての顧客のために生きるです。
交換では、暗号の資産の以上 $ 200 億現在保持している、それも月曜日に言いました - 数会社親権別 $ 100 億によって高めるのに役立ちます期待しています。
2017 年 11 月発表、Coinbase 親権のクライアントが初期設定費と、10 ベーシス ポイント料金月額開催されている資産の 10万ドルを支払う、CoinDesk で報告されているようです。

製品は、同社がさらに米国 Secur で動作するように計画を説明するとき、5 月に正式に発足.




Coinbase's institutional product has begun accepting deposits, the exchange announced Monday.
Coinbase Custody, aimed at institutional hedge funds and other clients who can deposit a minimum of $10 million, accepted its first deposit last week, the company announced on Twitter. Now, the new service is live for all customers.
The exchange currently holds more than $20 billion in crypto assets, it also said Monday - a number the company hopes Custody will help raise by another $10 billion.
First announced in November 2017, Coinbase Custody's clients will pay $100,000 as a set-up fee and a 10 basis point fee-per-month on the assets being held, as previously reported by CoinDesk.

The product was formally launched in May, when the firm further explained its plans to work with a U.S. Secur...


Attribution sans language
つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け