Cartier Owner Richemont Plans to Track Diamonds With Blockchain

Diamonds

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


リシュモン、カルティエを所有するスイスの高級品大手は、そのサプライ チェーンに透明性を実現する移動で blockchain に回しています。
ジン Keyu、有名な経済学者および助教授、ロンドン スクール オブ エコノミクス (LSE) 昨年、ボード メンバーとしてリシュモンで任命されたと木曜日のイベントで演説中に高級大手がすべてを制御する blockchain を使用することを目的とします」平行市場"。
「カルティエの親会社として [リシュモン] が最近開始しましたダイヤモンド岩、鉱山またはリサイクル工場に戻る金起源を追跡する blockchain を利用しました。すべての時計は、我々 は販売のためもしたい (blockchain) の信頼性を検証するためのソースを追跡する"と彼女は言った。


彼女のスピーチの中で仁はまた彼女の異文化を議論.




Richemont, the Swiss luxury goods giant that owns Cartier, is turning to blockchain in a move aimed to bring transparency to its supply chain.
Jin Keyu, a renowned economist and an associate professor at the London School of Economics (LSE) who was appointed by Richemont as a board member last year, said during a speech at an event on Thursday that the luxury giant aims to use blockchain to control all the "parallel markets."
"As Cartier's parent company, we [Richemont] have recently decided to start utilizing blockchain to trace the origin of diamonds, rocks and gold back to the mines or recycling factories. For all the watches we sell, we also hope to (use blockchain) to track their sources to validate their authenticity," she said.


During her speech Jin also discussed her academi...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け