Taking Back Power: An Upstart Government Plans to Tokenize Energy

Shutterstock 1075312208

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


カタルーニャは、分散 blockchain 技術の助けを借りて、今回のスペインでは、集中力の境界をテストし続けています。
昨年 10 月の独立のための買収の後警察の取り締まりにもかかわらずカタロニア語政府はエネルギー取引北東のスペインの領域の人々 にトークンを空中投下する計画します。計画は、マドリードでの採用を抑制するルールを回避して太陽光発電を奨励することです。
ピア ツー ピア エネルギー スペインの取引は、消費者 (として知られている"prosumers") ナショナル グリッドに戻る彼らの余剰電力を販売したり、他のユーザーと共有する太陽エネルギーを生成を防止する規則によって制限されます。
しかし、この議論は、スペインの熱烈な政治情勢をはるかに超えてを行きます。世界中の規制の厳しいエネルギー市場は、b に表示されます.




Catalonia is continuing to test the boundaries of centralized power in Spain, this time with the help of decentralizing blockchain technology.
Despite the police crackdown that followed last October's failed bid for independence, the Catalan Government plans to airdrop an energy trading token to people in the northeastern Spanish region. The plan is to incentivize solar power generation by circumventing rules inhibiting its adoption made by Madrid.
Peer-to-peer energy trading in Spain is limited by rules preventing consumers who produce solar energy (known as "prosumers") to sell their excess power back to the national grid or share it with other users.
However, this debate goes way beyond Spain's torrid political climate. Highly regulated energy markets around the world appear to b...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け