Sony Builds Digital Rights Management System on a Blockchain

Shutterstock 384787696 e1539614886921

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


日本の家電大手ソニーが開発した新しい blockchain ベースのデジタル著作権管理システム商用展開を見ることがあります。
月曜日会社からのプレス リリースによるとシステムは素数を使用してケースとして教育内容を引用して、デジタル コンテンツの著作権関連情報の管理に役立ちます。当事務所は、現在主によって行われている手動で業界団体や自身のクリエイターのコンテンツの権利管理でそのプロセスをより効率的にその新しいシステムを設計すること、状態します。
プラットフォームを使用すると、参加者は、共有、作成、および著者の詳細の日付と時刻などの情報を確認することになります。書かれた作品の一部の権利世代も自動的に検証される、会社を追加します。
Eboo などデジタル コンテンツは.




Japanese electronics giant Sony has developed a new blockchain-based digital rights management system that may see commercial rollout.
According to a press release from the firm Monday, the system will help manage copyright-related information for digital content, citing educational content as a prime use case. The firm states that, with content rights management currently largely being carried out manually by industry organizations or the creators themselves, its new system is designed to make that process more efficient.
Using the platform, participants will be able to share and verify information such as date and time of creation, and the author's details. It will also automatically verify the rights generation of a piece of written works, the firm adds.
Digital content such as eboo...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け