Rapper Mims to Promote 'Tune' Token for Artists

Mims rapper

賞を受賞したラッパー Mims blockchain 会社を起動最新音楽家となっています。
アーティストがアーティストを支援することを目的と RecordGram と呼ばれるプロジェクトを創設したプロデューサーは、音楽を作成する接続し、ロイヤリティの支払いを促進するために、blockchain を使用します。「曲」と呼ばれるトークンを使用すると、システムはアーティストのデジタル権利を記録し、使用料を自動的に追跡します。
Mims は今彼の意志を明らかにした声明によると、イベントの実行し同様、暗号インフルエンサー サミット今月は、プロジェクトについて話に。
ニューヨークの Blockchain の週の一部を 5 月 17 日に行われます、サミットは、blockchain ベースのソーシャル メディア プラットフォームのスタートアップ Cryptoinfluence.io と BOOSTO を共催します。その他の著名なスピーカーには、基本的な注意トークン創始者ブレンダン ・ アイクが含まれて.





Award-winning rapper Mims has become the latest musician to launch a blockchain company.
The artist has co-founded a project called RecordGram, which aims to help artists and producers connect to create music and that uses a blockchain to help facilitate royalty payments. Using a token called "tune," the system records artists' digital rights and automatically tracks royalties.
Mims has now revealed he will be talking about the project at the Crypto Influencer Summit this month, as well as perform at the event, according to statements.
The summit, which is part of New York's Blockchain Week and will occur on May 17, is co-sponsored by blockchain-based social media platform startups Cryptoinfluence.io and BOOSTO. Other notable speakers include Basic Attention Token founder Brendan Eich,...



※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。
つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け