Ohio Could Become Next US State to Legally Recognize Blockchain Data

Oh

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


オハイオ州は、新しく提案された法律に従ってスマート契約と、blockchain に格納されているレコードを法的に認識する最新の米国の州になるかもしれません。
上院法案上院議員マット ドーランによって導入された 300 償い、blockchain レコードと電子記録としてスマート契約を含めるに統一電子取引法のセクションです。さらに、法案スマート契約その他の契約をすることができる法的に強制することができます。
渡された場合、法案を言語を示す電子情報を格納し、所有権を提供する blockchain 技術を使用ことができますを追加します。それを具体的に示す:「人、その他法律にかかわらず、または影響を与える州際または外国商業情報人を所有または. 機器を使用する権利を有することを確保するための blockchain 技術を使用して




Ohio may become the latest U.S. state to legally recognize smart contracts and records stored on a blockchain, according to a newly proposed law.
Senate Bill 300, introduced by Senator Matt Dolan, amends sections of the Uniform Electronic Transactions Act to include blockchain records and smart contracts as electronic records. Further, the bill allows for smart contracts to be legally enforceable as any other contract may be.
If passed, the bill would add language stating that blockchain technology can be used to store electronic information and provide ownership rights. It specifically states:
"Notwithstanding any other law, a person that, in or affecting interstate or foreign commerce, uses blockchain technology to secure information that the person owns or has the right to use retai...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け