関西電力と金沢工業大学、電力取引に関する実証研究

Y 1


記事のポイント

関西電力と金沢工業大学、電力取引に関する実証研究
ブロックチェーン技術を活用した電力取引
国内での電力取引に関する動き

関西電力株式会社と金沢工業大学(金沢工大)は、金沢工大の白山麓キャンパス内において、電力の消費者と供給者が電力直接取引(電力P2P取引)を行う実証研究を開始した。自然条件によって出力が大きく変動する太陽光発電や風力発電、自然条件によらず安定的な発動な可能なバイオマス発電と異なる複数の実証場所を対象に、ブロックチェーン技術を活用したプラットフォームで研究が行われる。
 
関西電力と金沢工業大学、電力取引に関する実証研究
2月21日、関西電力株式会社と金沢工業大学(金沢工大)は、金沢工大の白山麓キャンパス内において、電力の消費者と供給者が電力直接取引(電力P2P取引)を行う実証研究を開始した。
実証実験は金沢工大キャンパス内に設置されている太陽光やバイオマスなどの再生可能エネルギーによる発電設備や蓄電池等で構成されるマイクログリッドを実証...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け