マネーパートナーズグループ、暗号通貨交換業を主目的とした子会社設立へ

A 29


記事のポイント

マネーパートナーズ、新たに子会社設立へ
暗号通貨決済関連サービスの提供を目的
設立予定は5月上旬
国内、事業強化のための子会社設立の動き

3月25日、株式会社マネーパートナーズグループは同日開催の取締役会において同社100%出資の仮想通貨交換業を営むことを主目的とした子会社を設立することを決議したと発表した。同社は子会社マネーパートナーズで既に交換業者としての登録を完了している。
 
子会社設立
国際的な規制環境を見ても十全とは言えないものの、国内では認可を受けた自主規制団体が誕生し、法規制の見直しが進められているのと同時に、金融活動作業部会(FATF)による規制作り、G20でのテーマなど暗号通貨に対する法規制整備の動きは強まっており、急速に変化がみられることが予想される。そうした現環境の動きからマネーパートナーズグループは、仮想通貨交換業者としてだけではなくブロックチェーン技術に関連したサービスの提供を行える事業を展開し、より深く仮想通貨交換業に対し...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け